IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

くすぶってるアプリエンジニアが、日々気づいたことを適当に綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業→ベンチャー→法人化(今年))

もっと努力した前提の話をしたい

これの感想

nlab.itmedia.co.jp

 

よく世の中では、努力する/しないとか、した/していないの話をすると思うんですが。
成果に対して努力とは必須条件ですが、努力だけじゃ無理なことが多いですよね。もっと正確に言えば、努力だけじゃどうにもならないことに対して悩んでいるんですが。

たぶん、努力以外にも、才能とか環境とか創意工夫とか色々な積み重ねが必要なんだと思います。

f:id:otihateten3510:20190417004758p:plain

しかしもちろん、努力という燃料がないと何もかもワークしませんから、努力する前はこう見えてしまうんです↓ このすごい成果に対して努力だけでカバーしようと考えて苦しくなってしまうのではないでしょうか。

f:id:otihateten3510:20190417004522p:plain

なので、一番良いのはすごい成果という高みに対して努力による結果を想像せず、まず努力してしまってから考えるようにしたいです。
努力した前提の話がもっと欲しいです。

f:id:otihateten3510:20190417005445p:plain

でも世間的には努力する前の人が多いので、努力する/しないの話が多くなりがちですね。あとはすごい成果の話と。

もちろん、全てに対して努力はできないので選択は必要になってきますが。

 

努力した前提の話をするとどうなるか

「頑張る」以外の答えになると思います

 

まとめ

Just Do It !!!

www.youtube.com

 

あ、いや努力して才能も環境も創意工夫もしても、望むラインに到達できる確率って低いですよ? でも周りから見たら「何て高いところに居るんだ」って見られるので、何かよくわかんないですよね。