IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

くすぶってるアプリエンジニアが、日々気づいたことを適当に綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業→ベンチャー→法人化済)

(iOS) ARKit Native vs Unity

iOSのARKitをやる時にはネイティブを使うかUnityを使うかという問題があります

利点と欠点はこちらにある通りだと思います。

www.slideshare.net

 

界隈の人ならわかると思いますが、iOS Unityとネイティブは全く別物です。

UnityではARKitプラグインを使うことに成ります。

生成されたC++のコードは正直読めません。

 

つまりUnity上で正しく実装してiOSに吐き出すべきなので、iOSエンジニアとしてはツライんですが

昨今のARやVRみたいなものをアニメーション付きで実装しようとするとおそらくUnityを選択せざるを得ない気がします。

これまでのナレッジや素材の蓄積量が段違いです。

 

とは言えアプリに組み込むということになるとネイティブで組まなければならないのですが
それはつまり、本気でやるならネイティブを捨てて全部Unityで実装しなければならないってことに成りますね。
痛し痒しです。

 

ネイティブ側のできることが増えると良いんですが、どうしてもこの界隈は複数のソフトを使いクリエイティビティを発揮するタイプの業界なので、変換周りで躓く事が多いかもしれません(Unity側は巨大なコミュニティで対応している)

 

結論:諦めてまずはUnityを覚えましょう

 

まだ一行もコード書いてないんですがw