読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

何とかする系アプリエンジニア(SE)が、日々気づいたことの中で、役に立ちそうなことを綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業、ベンチャー)

iOS開発:storyboardは使ったほうが良い

大抵ググるとstoryboardを使わない派が多いので、使うべき理由を挙げていこうと思う

 

ちなみに前社では多くのアプリ開発が動いたが2014年くらいからstoryboard必須(ただし分けること)になった

 

 

1.ぱっと見で仕様がわかる

 

え、仕様書があるから必要ないだろうって?

ほんとうに?

ほんとうにその仕様書正しいの??

ほんとうに???

 

それならいいけど・・・

 

 

2.スパゲティ遷移に気づくことができる

 

segueがこんがらがって〜という意見があるが

それ、ユーザーもこんがらがるけど、仕様がゴミなんじゃないの?

データをModelで表現するように

画面郡をstoryboardで表現するのは見通しが良くなると思う

 

 

3.別にstoryboard内を検索する必要はない

 

そこまで重い使い方しなくて良いと思う

IB自体、開発者みながわかる最小限の利用にとどめるのが吉

 

 

4.コンフリクトは怖くない

 

コンフリクトするのはxibでも同じ

storyboardは小規模(3画面〜6画面程度)に分けてどうぞ

あとマージ結構簡単だけどなぁ

 

 

5.GUIのレビューってしなくない?

 

例えばwebのcssとかをレビューするの?

するなら困るかもしれないけど、それってもっと前のフェーズで終わってるはずじゃ?

何でエンジニアがそこ見てるんだっけ

 

 

6.AppleがStoryboardを使う方向に持って行っている

 

今後バージョン上がっていった時にstoryboard使ってないのはリスキー

 

 

 

UI凝るとか、画面少ないとか使わなくてもいいシーン もあるけど

その場合もベースにstoryboard持ってたほうがわかりやすいかと

 

ほとんどの場合、storyboard不要論はコーダー視点によるものが強いと思うが

アプリ開発においては未だコーダーをやったらいつの間にかSEになっていることの方が多いのではないかと思う

そういう意味では実装フェーズだけで捉えるのはとても危険だと思う

 

 

まだある気がするけどこんな感じ