IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

くすぶってるアプリエンジニアが、日々気づいたことを適当に綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業→ベンチャー→法人化(今年))

ITフリーランスの働き方パターン簡易まとめ

フリーランスとして面談した会社が多くなってきたので、働き方に関するよくあるパターンをまとめたいと思います。

 

常駐フリーランス

最も多いと思います。
働き方としては社員・アルバイト・派遣などと似ています。
労働時間は月140〜180時間といったレンジになることが多く、レンジを超えたら再精算です。見込み残業有りの社員(プロパー)似たようなもんですね。
じゃあどこにメリットが有るの?と言われそうですがそれは別のお話。

 

常駐+同期リモート

常駐フリーランスにリモートを混ぜたものです。
例えば週のうち3日常駐で2日リモートなど。
同期というのは、労働時間が常駐と合っているという意味です。例えば10時〜19時など。

 

常駐+非同期リモート+時間制

一部常駐しつつ、土日や夜にも稼働するタイプ。
こうなると労働時間は「働いた分」になることが多いと思います。

 

完全同期フルリモート

常駐フリーランスと働き方は似ていますが、出社しないパターンです。
労働時間はレンジになります。
遠隔地とかだとこれが多いです。

 

非同期フルリモート+時間制

持ち帰り案件であり、受託開発なのですが、契約が時間制だったりします。

 

非同期フルリモート(請負い)

完全に受託開発です。
こうなると法人が多くなるような気がしてしまいますが、実はクラウドソーシングは大体これですよね。

 

締め

これら全部の案件を経験してる人なんて激レア人材なので、大体の会社の担当者は、このどれかの契約形態が当たり前だと思っています。なのでフリーランス側が確認する必要があることが多いです。