IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

くすぶってるアプリエンジニアが、日々気づいたことを適当に綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業→ベンチャー→法人化(今年))

iOSエンジニア SwiftUIへの移行戦略

忘れそうなのでメモ程度に書きたいと思います。

 

 

otihateten.hatenablog.com

 

基礎知識

  • iOS13, Xcode11からの機能である
  • 共存は可能である
  • 思想的にはリプレース的である(Storyboardなどは消える運命)
  • iOSエンジニアがAppleの思想に逆らうと死ぬ
  • 現時点でSwiftUIの評判はまぁまぁ(足りない機能があるなどの指摘が有る)

 

当然予想されること

SwiftUIへの移行はiOS12を切ってからになると思います。

例えばObjective-CからSwiftへの移行は「新規画面はSwiftで」みたいなことが起きましたが、SwiftUIの場合はSwiftUIバージョンと既存バージョンを作る羽目になるので、それはしないだろうという予想です。

 

逆に、iOS12が切れたらSwiftUIをかなり積極的に使用するのだと思います。

 

移行開始時期

そう考えると、移行開始は2020年冬〜2023年春というのはほぼ決まりだと思います。
iOSアプリの保証バージョンは、攻めてるアプリで2〜3バージョン、だいぶ保守的なアプリで4〜5バージョンですから。

 

f:id:otihateten3510:20191016143153p:plain

 

ただ、iOS12を切ったら即SwiftUIに変換されるかと言えばそうではないはずです。
置き換えるだけのメリットがすぐ得られるとは思えません。
移行期間は短く見積もっても更に2年は見積もっておくべきです。2020年冬〜2025年くらいです。

それまではStoryboardもXibも触ると考えるべきでしょう。

新規アプリばっかり開発してStoryboardやXibを見ないようにするというのが実現できるのが2021年後半頃です。そう言う人も居ると思います。

 

2020年〜2025年のiOSエンジニア

Storyboardと、Xibと、SwiftUIの知識が当然必要です。

5年程度のレンジが有るので避けるのは難しいのではないかと思います。

 

いつ勉強開始するのが丁度いいか

対応が入ってくるのが2020年の冬か、2021年中だと思います。
逆算すると、早めに取り掛かるとしたら2020年の春頃、遅めに取り掛かるとしたら2020年の9月、iOS14が出てからでよいのではないでしょうか。

 

おわりに

AppleAndroidも、破壊的な技術的移行をしてくれるおかげで仕事が尽きないですね。逆を言えばずっと人手不足だし、対応できないサービスは置いていかれます。
良いのか悪いのか。