IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

くすぶってるアプリエンジニアが、日々気づいたことを適当に綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業→ベンチャー→法人化(今年))

【悲報】職務経歴書が書けない

愚痴。

 

職務経歴書が苦手です。
ブログはもう何百本、Qiitaも何十本書いてる私ですが、職務経歴書を書こうとすると手が止まります。これ私だけでしょうか。
フォーマットが苦手とかいうのもあるんですが、過去の仕事に対して実績をPRするところが苦手です。

 

職務経歴書でよく見かける参考例は営業とか管理職が多い気がします。
「20人のチームをまとめました」とか「10億円売り上げました」とか「賞を取りました」とか、確かに分かりやすいんですよね。
翻ってエンジニアはどうかと言えば、「こういうシステムを作りました」を並べていくとまあ分かりやすいと思います。

 

でも私の強みはどちらかというとエンジニアリングそのものより、どれだけプロジェクト・プロダクトを成功させるためにどう動くか、みたいなところです。
しかしそうやって考えると、過去はむしろ失敗続きです。成功してたら既に会社立ててCEOになってメガヒットサービスをバンバン出しています。そんな奴世の中にほとんどいません。

だから失敗続きの諸々を、反省的に振り返って哲学的に向き合わなければなりません。
振り返るならまだしも、それをPRとして書かなければならない。

 

うーーん?
「◯◯したけど、△△したのでよかった(小並感)」しか書けないじゃないですか。

 

これ、面談ではもっと上手く言えるんです。
ストーリー建てられるので、非常に難しい課題、かつ自分に全権限があるわけではない状態で、どのように振る舞ったかっていうのは話せます。
でもそれを3行くらいに落とし込むのは非常に厳しい。

 

・・・いや、何か言い訳かもしれないですねこれ。文章力がないだけか。そもそも成功してないのが悪いんですよ(ちゃぶ台返し