IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

何とかする系アプリエンジニアが、日々気づいたことを適当に綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業→ベンチャー→起業?)

Appleによるテンプレートアプリのリジェクト状況

これ2017年夏の話なんですが、その後どうなったか調べてみました。

gori.me

 
この記事が分かりやすいと思います(というか上記の記事のソースですねたぶん)

 

techcrunch.com

 

ざっくりまとめると

  • すでに小規模自動生成アプリはリジェクトされているケースが有る
  • 議員も注目している
  • 自動生成サービスが閉鎖した事例もある
  • 現在稼働中の自動生成サービスも、1/1により厳しくされると通達を受けている
  • Appleの懸念は、同じユーティリティを実行するアプリケーションで、同じようなことしかできないこと
  • テンプレート(ネイティブ)はダメで、非テンプレート(WebView)は許されている状態
  • 類似性ではなく生成方法で縛られている点で批判が相次いでいる

 Apple的にはPWAに移行されてもいい感じですかね?
経験則ですが、こういう規制パターンは「本当はもっと強い縛りをしたい」という気持ちの表れに思えます。今後、もう一段階厳しくなってもおかしくないのではないでしょうか。
(つまり自動生成に加え、クローン的なアプリが壊滅する可能性)
まあ批判が強く出ているようなので、どうなるかはわかりませんが。

 

開発者としてはネイティブを続ける一方でPWAを勉強しておいて損はないのかもしれませんね。

 

追記:AppleにとってのPWAの立ち位置って今どこなんですかね?以下も8月です

Apple Starts Work on Progressive Web Apps - Cloud Four

iOS がプログレッシブ ウェブ アプリをサポートする可能性が浮上 | 海外SEO情報ブログ

(ただまあ、フルスクラッチ専門なネイティブアプリ開発者にはいずれにしても影響少ないという妙な状態ですよね)