IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

何とかする系アプリエンジニアが、日々気づいたことを適当に綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業→ベンチャー→起業?)

リーンスタートアップの本音と建前

リーンのような仮説検証ドリブンの開発は、時折銀の弾丸のように語られますが、実際はそんなことないですよね。

まず仮説を作ることが難しい、そして検証可能とも限らない。

例えば創作作品のような複雑なプロダクトだと、要素が多すぎて仮説までいかない。

 

そう考えると、リーンの恩恵を得られるのは、やはり頭でゴニョゴニョ考えてそれなりの形まで(仮説検証可能状態まで)プロダクトを創り上げられる、旧来のクリエイティビティが必要になるのですが、その方法論についてはあまり語られないような気がします。

今度考えてみたいです。

 

短文。