IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

何とかする系アプリエンジニアが、日々気づいたことを適当に綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業→ベンチャー→起業?)

フリーランスのグロースハッカーという考え方

組織というのは重要なポジションほど要(かなめ)になりやすい

要だからもちろん重要で、安易に変えられるものではない

周りを支えなければならないし、それに100%以上のリソースを取られる

 

そうした状況だと

会社全体で一つのプロダクトをグロースハックしようとしたときに無理が生じる

グロースハックというのはミッションを決め、なりふり構わず前進するような行動だ

間違おうが軌道修正して突き進み、ダメだったときはいろんなものをぶっ壊しつつ前のめりに倒れる

 

そんなグロースハックを要の人間がやるのは非常にリスクが有る

そんな暇もない

 

そこで登場するのがフリーのグロースハッカー

ミッションを決め、短期間で空気を読まず突き進む

ダメだったらクビ、成功してもグロース後は退場

そんな人材が居たら便利じゃないだろうか

 

そんなことを思いながら最近仕事をしている