IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

何とかする系アプリエンジニア(SE)が、日々気づいたことの中で、役に立ちそうなことを綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業、ベンチャー)

六本木ヒルズのITベンチャーからフリーランス、そして大企業&ITベンチャー、そして

今週のお題「2016上半期」

 

めまぐるしい半年だった

目が回りすぎて胃腸が限界に来てしまった

 

上半期に得た経験は次のとおり

 

・事業系ITベンチャー

・サービス開発の難しさ

・チームビルディングの難しさ

・採用の難しさ

・経営、経営陣、ファウンダーの大切さ

・企業の終焉

・企業の目利き

フリーランス

・プロダクトマネージャー

・コンサル系社長を相手にした際のアプリ制作問題点について

・大企業内で起きていること

・30人以上規模でのアプリサービス開発

・多人数PLのプロジェクト

・複数案件の同時並行で起こる諸問題

・サービス開発の設計について

Rails

・Swift

・Qiita

 

よく死ななかったな

ほぼ死んでたようなもんだけど

 

給料は去年の2倍、2年前の3倍と化したが

情報量が増えて考えることは増し

これからもっと難しいジャッジが必要になると思う

考え続けなければ死ぬと思って走り続けたい

 

 

下半期の抱負

・独自で作ってるBtoBtoCサービスのリリースとグロース

 

これだけでいい

これだけで十分キツイと思う

数人の緩い繋がりでサービスをリリースするだけで、やらなければならないことは相当多くて、上半期と同じくらいに色々ありそうだ

 

 

ちなみに私生活の進捗はゼロです><