IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

何とかする系アプリエンジニアが、日々気づいたことを適当に綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業→ベンチャー→起業?)

「甘え」「甘えじゃない」の自己責任ジャッジでその人のスタンスが見えてくる

会社の業務において、どこまでを自己責任として行動に繋げるか

それによってその人のスタンスが見えてくると思う

 

甘え/甘えじゃない を明確に定義するならば

 

甘え・・・原因は自分にもある、解決のために行動するべきで、行動しないのなら不平を言うのは甘えだ

甘えじゃない・・・他の誰かが何とかするべきことで自分の仕事ではない。解決のため行動するのは筋違いだし、逸脱行為だ

(一部甘え、とか、どうしようもない、という回答もありそう)

 

 

で、いろんなレイヤーの課題について考えてみる

 

Q1.仕事が定時までに終わらなかった  甘え/甘えじゃない

Q2.給料が上がらない  甘え/甘えじゃない

Q3.やりがいがない  甘え/甘えじゃない

Q4.会社が潰れた   甘え/甘えじゃない

Q5.休日出勤   甘え/甘えじゃない

Q6.頼んでた仕事が中々上がってこない   甘え/甘えじゃない

Q7.仕様変更で大変な思いをした   甘え/甘えじゃない

Q8.後輩が使えない      甘え/甘えじゃない

 

ちなみに私はほとんどのものを甘えと捉えてしまい、抱えこむ欠点がある

 

まあそれはともかく、自分が「甘え」と思っていて、相手が「甘えじゃない」ことに対しては、議論は平行線になりイラつくという特徴がある

たぶん逆に、「甘えじゃない」という人は「甘え」と思ってる人に対して「ウザい」という感情を抱いていると思う

 

それぞれのスタンスは短期間で変えようと思って変えられるものではない思想レベルのものなので、相手のスタンスを知っておくのはお互いのために重要だと思う

そして、相手が自分と同じスタンスだと思い込むのも危ないと思う