IT業界で気づいたことをこっそり書くブログ

何とかする系アプリエンジニア(SE)が、日々気づいたことの中で、役に立ちそうなことを綴っていきます(受託→ベンチャー→フリー→大企業、ベンチャー)

何とかする系SEのための爆速開発ツール

「あー、よくある開発ツールまとめかー」

 

(`・ω・´)じゃないです

 

仕様書とか、情報共有とか、コミュニケーションとか、ブレストとかそういうのです

デザイナーじゃないけどちょっと加工したいとか

納品する仕様書じゃないけど共有のために書きたいとか

そういうの!

 

 

1.GoogleDrive

 説明不要だが、最近GoogleDriveのお陰でDropboxを卒業した。あれもう要らない。

 

2.github 説明不要 必須

3.gist 説明不要 必須

4.slack 説明不要 任意

 

ここから

 

5.lucidchart

 https://www.lucidchart.com

 

簡単にいえばwebで動くvisio

個人的に最強じゃないかと思います。

オブジェクト同士を線で繋ぐのが、パワポより、Googleスライドより、photoshopより早い

その他おすすめする理由

Mac,Windows問わない

・画像、pdf、web吐き出し可能

・多人数編集可能

・自動で保存

・画像追加がDD、またはネットからURLコピペでOK

・画像追加した後いじれる(マスクして大きさ変えたり)

・UIが洗練されてて違和感ゼロ

・アプリ、web、UML、経営、企画(リーンキャンバスも)、電気、サーバー、DB、ベン図、見取り図、マインドマップなどなどのコンポーネントが予め用意されている

 

欠点

・使ってると徐々に重くなるので開き直しが必要

・有料(pro版なら500円くらい)

 

6.Simplenote

 

 Evernoteから乗り換えました

全メモをこいつにしたおかげで、環境に依存すること無くメモを見れるようになって幸せです

Evernoteのような重さ、フォーマットなど煩わしさもありません

もちろん動画や音楽は貼れませんが(つか貼らないし!)

 

7.pixlr

 http://apps.pixlr.com/editor/

 

photoshop買いたくない!photoshop重い!Macに気軽な画像編集アプリがない!

全部コレで解決

こちらも画像URLから取ってこれるのでマジ便利

 

8.adobe assets

 https://assets.adobe.com/

 

adobe先生がdropboxみたいなの作った!と思ってもらえればそんな感じ

psdの中身がwebで見やすくなってるので超便利

デザイナーさんにアップしてもらえば書き出しとかは後回しでいい

 

・レイヤー、スライス毎に形式を指定してDL可能

・ファイル単位でもDL可能

・リプレイスが可能だからバージョン管理が楽

・コメントを書ける。しかもコメントの間にバージョンが入るから迷わない

・どこからどこまで何pxか計算できる

 

欠点

・権限がちょっと足りない(所有者依存性が高い)

adobe製品使ってないと容量がしょぼい(2Gくらい。私はphotoshopなど使ってるので40G)

 

9.google+

 

え、社内SNS使ってるの?

別にいいんじゃねgoogle+で(鼻ほじ)